刺青の除去を思い立ったら|医療機関で負担も痛みも少なく消せる

女の人

歴史とレーザー

先生

あざの治療の歴史は、従来は物理的な治療で身体にダメージが残るものでしたが、今はレーザーによって悪影響はありません。痛みも感じませんし、身体への悪影響もありませんので、安心して治療を受けることができます。

読んでみよう

皮脂と角化と細菌で発生

スキンケア

肌に起こるトラブルはニキビなどがあります。これは一般的に若い時期に見られることです。なぜに若い時期に見られるかと言いますと多くの皮脂が毛穴等に溜まりに溜まってニキビとなっています。この問題に対する治療法は存在しています。

読んでみよう

ニキビ跡を治そう

顔の手入れ

クレーター治療をするときにはクリニックを利用する事になりますが、この時料金設定が各場所で違うので注意しておきましょう。またクリニックにはクレーター治療した人の写真などが掲載されているので、失敗したくないなら見ておくといいです。

読んでみよう

白い肌に戻すための治療

刺青

真皮層に達している染料

刺青は、針によって染料を押し込むことで、肌に模様をつけるというものです。染料が基底層までしか押し込まれていない場合には、刺青は肌の新陳代謝によって、自然に薄くなっていきます。基底層は、肌細胞の分裂によって、年月が経過するにつれて生まれ変わっていくからです。しかし、基底層よりも深い真皮層にまで染料が押し込まれている場合には、刺青は自然には消えることがありません。したがってそれを除去するためには、美容整形外科での治療を受けることが必要になります。美容整形外科でなら、染料がどれほど深い部分に押し込まれていたとしても、跡形もなく除去することができるのです。ただし、除去方法は複数あるので、自分の刺青に適したものを選択することが大事です。

手術やレーザーによる治療

刺青の除去は、具体的には皮膚切除と皮膚移植とレーザー照射という3種類の方法でおこなわれています。皮膚切除は、文字通り刺青のある部分を、真皮層ごと切除するという手術です。木の葉のような紡錘形に切除することが多く、切除後は両側の皮膚を縫い合わせることになります。そのため刺青が完全に除去される上に、残る傷跡が少ないという特徴があります。皮膚移植は、患者自身の別の部位から皮膚を採取し、それを刺青にかぶせることで目立たなくするという手術です。刺青全体がすっぽりと覆い隠されますし、皮膚採取も、お尻や太ももなど目立たない部位からおこなわれます。そしてレーザー照射は、熱で皮膚を焦がして、かさぶたにした上ではがすという治療です。染料も一緒に焦げてはがれ落ちるので、定期的に照射することで、刺青はどんどん薄くなっていきます。